【公文式】ついに数字らしく

息子(3歳7ヶ月)は公文式に通っています。公文は毎日宿題のプリントをこなさなければなりません。

毎日の積み重ねが大事なのはよく分かりますが、たまに、親の方も休みたくなる公文の宿題のプリント…

今日はひさびさに『できたーー!!』と思えた瞬間に嬉しくなりました。

数字を書くことの難しさ

『数字を読む』ことは、あっさりとクリアできた息子ですが『数字を書く』ことに本当に苦労しました。

何回書いてもそれっぽくもならない文字に困ったなと思った時期はありましたが、『いつかできる!!』と信じ気長に何度も何度も繰り返し書いていました。

ついに『できた』

まだ『できた!!』と言うのは早いかもしれませんが、息子なりに上手に書けました。

『文字になった!!!』という感じです。私のほうが嬉しくて喜んでしまいました。

毎日の積み重ね

息子は毎日プリントを本当によくやっていると思っています。私が息子と同じくらいのときは公文式や習い事に通っていませんでした。

なので、なるべく息子にとって苦痛にならないようにあくまで遊びの延長になるといいなと思っていますが、私のほうが一喜一憂しています。

反省させられる毎日です。

『数字が書けた』という小さな成功体験が息子にとってプラスに繋がってくれたらと思います。

これからも『気楽にコツコツと続けていきたい』です。