2歳の時にストライダー購入、購入してよかったこと

三輪車とストライダー、どらちを購入しようか迷っていたのですが、我が家はストライダーしました。

ストライダーにした理由

ストライダーから自転車に移行したときスムーズに自転車に乗ることができる

ストライダーから自転車に移行したときは、30分くらいの練習で補助輪なしで漕ぐことが出来るようです。

息子(3歳半)は2歳の誕生日プレゼントで購入しました。今ではすっかり足を地面から浮かせたまま、坂道なんかも平気で降りていきます。

ストライダーの大会に出場できる

ストライダーには大会があります。

ストライダーの大会は、ストライダーによく似ている『へんしんバイク』での出場も認められていません。

その為、ストライダーの大会にでるにはストライダーを購入しなければなりませんでした。

園に通ってないので、同じ年齢のお友だちと接したり競争する機会もないので、いい機会だと思い出場してみました。

始めて大会に参加したときは、大会の雰囲気に圧倒されていましたが、すぐに慣れ大会を楽しんでいました。

三輪車に乗る期間は、意外に短い

先輩ママさんに、三輪車とストライダーどっちを購入したらよいか伺ったときに、『三輪車は乗る期間が短いよ』と教えてもらいました。

ストライダーだと、自転車に移行するまでずっと乗ることができます。

ストライダーの大会は5歳まで出場可能なので、5歳まで乗って問題ないようです。

ストライダーを購入してよかったこと

バランス感覚が身につく

ストライダーに乗りはじめてからバランス感覚が身につき、『転ける』ことが少くなくなりました。

体力がつく

体力が有り余っている息子ですが、更に体力がつき、風邪も引かなくなりました。

ストライダーは地面を蹴って走るので、太ももの筋肉もしっかりついて、どっしりとしてきました。

お友だちと交流できる

公園でお友だちがストライダーをしているとお互いに気になるのかストライダーでの鬼ごっこが、始まるようになりました。

また、息子より大きなお友だちが乗っていて全く追いつけないときも嬉しそうにその後を追いかけて遊んでいます。