ソリー遊びを快適に楽しむ方法

先日の晴れの日、ソリーをしにスキー場へ行ってきました。前々から息子(3歳半)が行きたがっていたので、やっと行けて息子は大興奮していました。

準備万端でスキー場に向かったつもりでしたが、あれもあったらよかっなと思ったものをまとめました。

スキーウェア、帽子、手袋、ブーツ(長靴)は必須

これは、雪の日にはこれは欠かせないアイテムですよね。帽子はニット系が暖かくておすすめです。

ブーツ(長靴)は雪がブーツの中に入りにくいタイプのものがいい

ブーツ(長靴)は、なるべく雪が入りにくいタイプがおすすめです。以前はふくらはぎ部分で紐を縮めることができないタイプの長靴だったので雪が入って靴下がすぐに濡れてしまい何回も靴下を履き替えました。履き替えるのも雪の上だと大変なので雪が入らないタイプを履くのはおすすめです。

休憩中は少しのお菓子があるといい

子供は平気で何回でも山を登って滑っていますが、結構な運動量になります。そのため適度に休憩をし水分補給をしたほうがいいですね。そのときに少しのお菓子があるといいなと思いました。

ソリーは大きなサイズでも子供は滑れる

ソリーは大きなサイズと小さなサイズの2種類が売られていますが、大きなサイズのソリーでは子供は1人で滑ることができました。

また大きなサイズのソリーは、大人と子供と2人で滑ることができます。子供専用に小さなサイズのソリーを買おうか迷っていましたが、やめることにしました。

ソリーはベーシックタイプが一番

ソリーも色々なタイプのものがでていますが、座るところがついたタイプのソリーを使っていたお子さんが『滑りにくい』と言っていたので、ベーシックタイプが一番なのかなと思いました。

また、私たちが行ったスキー場は、こじんまりしていますがソリーの貸し出しをしていて料金は500円でした。レンタルすると荷物も少なくて済み、何度もソリー遊びに行かないという方はレンタルでもいいなと思いました。

寒いので家から出たくないなと思ってしまいがちですが、子供と一緒に寒さに負けずに雪を楽しみたいと思います。