【おすすめ絵本】くれよんのくろくん

息子(3歳8ヶ月)が、今週図書館から、借りてきた本の中で特に、はまっている本が2冊ありました。

1冊目は『ごじょうしゃありがとうございます』です。

今週も図書館で絵本を借りてきました。 その絵本の中で、今まで読んだことのないタイプの絵本がありました。 ごじ...

2冊目は…

くれよんのくろくん

なかや  みや   さく.え

あらすじ

新品の『くれよん』10色とシャープペンのお兄さんが登場するお話です。

くろ以外の『くれよん』たちが、真っ白な画用紙に次々に絵を描いています。

くろくんは、

『ぼくは、どこを かけばいいの?』

とみんなに聞きました。

みんなは、

『くろくんは、まにあってるよ』

と、言います。

くろくんは、なかまにいれてもらえません…

そんなときに、シャープペンのお兄さんが、くろくんにあることを提案します。

くろくんの『くろ』の良さを違う視点から引き出してくれる素敵なお話です。

すくすく子育てで紹介された絵本

この絵本はEテレすくすく子育ての『コミュニケーション能力はどう育つ?』の回で、

『思いやりを子供に伝えるときに絵本を使ったらいい』と専門の先生がおっしゃっていました。

その絵本に紹介されていた1冊でした。

感想

息子は、くろくんの出番がないことに、

『くろくんは?』

と、悲しいそうに聞いてきました。

何回もこの絵本を読んでいると、

『ぼくは、どこを かけばいいの』

と言う、くろくんの質問に、

『画用紙の空いているところに、パンダをかけばいいよ~!!!』

と、嬉しそうに言っていました。

そんな、息子の一言を聞いて、

『そうだねー!!』

と、納得してしまいました。

日に日に成長していく息子…

くろくんの気持ちも分かるようになってきたのかな?

また明日も楽しくこの絵本の読み聞かせをしたいなと思います。