子供の爪の簡単な切り方

子供の爪ってすぐに、のびてしまいますよね。

そして簡単には切らせてくれない息子(3歳7ヶ月)。

『爪長いから切ろう』と声をかけても

『イヤー』と言って逃げられます。

赤ちゃんの時は、お昼寝をしている間に、ぱぱっと切ることができたのですが、もう3歳過ぎるとお昼寝もしなくなったので、起きている間に爪を切ることに苦労しています。

色々試してみた結果、この方法がよかったかなと思っています。

子供の爪の簡単な切り方

爪切りばさみは子供用

爪切りばさみは、子供用のものを赤ちゃんの時から今でも使っています。

まだ爪は柔らかいので、子供用の爪切りで切ります。

刃先は丸みを帯びたもののほうが切りやすかったです。

以前は、まっすぐの刃のはさみを使っていたのですが、丸みを帯びたものを使ったときに切りやすいと感じました。

切っている間はテレビを見せる

切っている最中はお気に入りのテレビ番組を流してテレビに集中させます。集中している間は全く動かないので切りやすいです。

切る体勢は椅子に座らせる

切るときは椅子に座らせて切ります。椅子に座っていると割りと子供の体が固定されてスムーズに切ることができます。

右手の爪を切るときは右に移動する

右手の爪を切るときは右に移動して切り、左手の爪を切るときは左に移動して切ったほうが切りやすいです。

移動は少し面倒ですが、こちらのほうが子供が無理な体勢にならないので簡単に切ることができます。

足の爪も同様です。

まとめ

⚫子供用の爪切りで切る

⚫切っている最中はテレビを見せる

⚫切る体勢は椅子に座らせる

⚫右手の爪を切るときは右に移動して切る

⚫左手の爪を切るときは左に移動して切る

少しでも爪切りのストレスが減るといいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。