【おすすめ絵本】ブルートレイン ほくとせい

息子(3歳8ヶ月)は絵本が大好きです。

週に一度、図書館に行き絵本を10冊ほど借りるようにしています。

今年の4月から息子が年少になり幼稚園に通うことが決まっているのですが、もう間近に迫ってきて、急に寂しくなりました。 2017年...

先週借りてきた絵本で特に、はまった絵本は…

ブルートレイン ほくとせい

ぶん  関根 榮一

え   横溝 英一

あらすじ

『ほくとせい』は夜行寝台列車です。

上野駅と札幌駅を夜通し走り続けます。

札幌に単身赴任中のお父さんに会うため、お母さん、にいちゃん、たくちゃんに、ぼくの4人で『ほくとせい』に乗り、でかけます。

感想

息子はこの絵本を気に入り何度も

『ママ~読んで~』

と言ってきます。

『ほくとせい』の中で夕食を食べ、そのまま眠り、朝を迎える…

にいちゃんと、ぼくと、たっくんのワクワクが伝わってくる楽しい絵本です。

そこまで電車ずきではない息子ですが、とてもお気に入りの1冊になりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルートレインほくとせい (のりものえほん) [ 関根栄一 ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2018/3/19時点)