【おすすめ】心が温かくなる絵本

毎日息子が眠る前に読み聞かせをしている絵本の中で、いいなぁと思った絵本を紹介します。

『いつまでも』

さく  アンナ ピンヤタロ

やく  たわら まち

この物語は、おかあさんくまと、こぐまのオリのお話です。

オリはおかあさんに問いかけます。『おかあさんは、いつまでぼくのことすき?』おかあさんは、答えます。

『いつまでもよ』と…

がとても温かくなる1冊

この本を読み終えたとき心がとても温かくなるそんな優しいお話です。

絵本の描写が美しい

おおきな木、ほしの空、あらしの風など風景の描写が描かれているのですが、色味がふんわりしていて、美しいです。

息子は1歳10ヶ月で授乳を終えたのですがその時から寝かしつけは絵本の読み聞かせになりました。この本はその時から、たびたび読んでいて、読み聞かせをしながら、途中で眠ることもある本でした。

今では、本の中のページは破けたところがあり、テープで継ぎはぎだらけですが、これからも大事に読んでいきたい一冊です。