断捨離 要らないものを整理しました

なんだか気忙しい3月ですが、急に思い立ったように『断捨離』をしました。

私が思う『断捨離』は?

不要なものを捨てる

『とりあえず』取っておこう…

『いつか』使うかもしれない…

と思っている物で、ずっと出番のなかったもの、使わなかったものを処分して、より快適に生活することかなと思います。

そこで今回は、

①クローゼットの中の洋服

冬用のお洋服で今シーズン着なかったもの、お気に入りだけど、毛玉や汚れが気になったもの

②食器棚の食器と食料品

ずっと使用していない食器類

③下駄箱の中の靴

もう何年も履いていない靴

④押し入れの中の布団類

今年毛布を新調したので、去年まで使用していた毛布

これらを整理しました。

美しさを心掛ける

『美しい』と思う感性は人それぞれだと思います。

私にとっての『美しさ』は『シンプル』であることかなと思っています。

『シンプル』と検索すると

●単純

●飾り気やむだなところがなく、簡素なさま

となります。

物を減らすことにより、家の中、クローゼットなどの中が、よりシンプルでスッキリすることを心がけています。

まとめ

私はいつも『断捨離』をして思うことは物を整理すると心も整理できるような気がします。

断捨離した後の引き出しを開けると今までゴジャゴジャと溜まったものがスッキリと片づいていることや、物を捨てたことからできる空間に清々しさを感じたりします。

時間が経つと、また物は少しずつ溜まっていきますが、心を改めるためにも定期的に断捨離を心がけたいと思います。

最後までお読み頂き有り難うございました。